AGAに適したシャンプー選び

○シャンプーについて知っておこう
ドラッグストアやスーパーマーケットに足を運べば、陳列棚にはさまざまなシャンプーが並べられています。どれを選んだものか迷ってしまうという人も多いことでしょう。健康的な肌の人ならばどのようなシャンプーでも特に問題はないでしょうが、AGAの人はシャンプー選びは慎重に行う必要があります。頭皮に悪いシャンプー、頭皮に合っていないシャンプーを選んでしまった場合、毎日洗髪の度に頭皮にダメージを与えることになり、AGAを悪化させる原因になるからです。

最適なシャンプーを選ぶためにはシャンプーについて知っておかなければなりません。シャンプーは大きく分けると、アルコール系、アミノ酸系、石鹸系の3つに分類されます。

○アルコール系シャンプーとは
アルコール系シャンプーはもっともメジャーなシャンプーです。予備知識がなく、パッケージのデザインなどで適当にシャンプーを選んだ場合、アルコール系シャンプーを手にする可能性がもっとも高いと言えるでしょう。アルコール系シャンプーは洗浄力、泡立ち、洗い上がりの爽快感が全て強いのが特徴です。頭皮が綺麗になったという感覚が得られるので、愛用者も多く見られます。

しかし、アルコール系シャンプーはこれらの効果を得るために、ラウリル硫酸やラウレス硫酸などの化学物質が含まれています。頭皮に与える刺激が強く、AGAを発症したり、AGAを悪化させる原因になることもあります。AGAの予防と改善という観点からはあまり使用はおすすめしません。

○石鹸系シャンプーとは
石鹸系シャンプーは石鹸と同じような成分をしたシャンプーのことです。石鹸は手を洗うために使われるくらいなので、強い洗浄力を持っています。石鹸系シャンプーも洗浄力は強いですが、石鹸系シャンプーは低刺激のものが多くなっています。しかし、石鹸系シャンプーはアルカリ性であり、洗い上がりに髪と頭皮がゴワつきやすいという特徴があります。もっとも、これは頭皮環境を悪化させるものではないので、使い込んでいく内に自然と慣れていくことでしょう。

○アミノ酸系シャンプーとは
アミノ酸系シャンプーはアミノ酸を主成分としており、アミノ酸は頭皮や髪の材料となるものでもあります。そのため、アミノ酸系シャンプーで髪を洗うことは汚れを落としつつ、髪を育てるという効果が期待できます。また、頭皮や髪に馴染みやすいので、仮に洗い残しがあったとしても頭皮環境に与える悪影響は最小限です。アミノ酸系シャンプーは育毛シャンプーとして、AGAの人にも広く愛用されています。