シリコンシャンプーが与えるAGAへの悪影響

○シャンプーに含まれているシリコンについて
シャンプーにはシリコンが含まれているものが多いです。シリコンには髪にハリやツヤを与える働きがあり、シリコン入りのシャンプーを使えばパサつきがちな髪も綺麗にまとまります。洗い上がりに爽快感が得られることから、シリコン入りのシャンプーの愛用者は多いです。また、AGAの人も基本的に髪が痛んでいるため、シリコン入りのシャンプーを使い続けているという人は少なくありません。

しかし、シリコンは髪を美しくしてくれるものですが、毛穴の詰まりの原因となるものでもあります。シリコンが毛穴に詰まると血行が悪くなり、十分な栄養が頭皮に行き届かなくなってしまいます。それにより、髪が抜けやすくなったり、髪が生えにくくなったりすることもあるのです。また、シリコンが毛穴に詰まったまま残っていると頭皮に痒みが生じ、爪で引っ掻きがちになってしまいます。頭皮に傷を付けるのももちろんAGAにとっては悪影響です。

シリコンは頭皮環境を悪化させるものであり、シリコン入りのシャンプーを使い続けたことでAGAが悪化してしまった、あるいはAGAを発症してしまったという人もいます。AGAの人はシリコン入りシャンプーの使用を避けた方がいでしょう。

○ノンシリコンシャンプー
シャンプーの中にはシリコンを含まないノンシリコンシャンプーもあります。現在販売されている育毛効果を謳ったシャンプーのほとんどはノンシリコンシャンプーです。

シリコン入りのシャンプーはノンシリコンシャンプーに比べ、洗い上がりの爽快感は劣ります。髪が上手くまとまらないということもあるでしょう。しかし、本来シャンプーというものは髪に働きかけるものではなく、頭皮に働きかけるものです。ノンシリコンシャンプーには頭皮をしっかりと綺麗にする洗浄効果があるため、シャンプーとしては十分な機能を備えています。髪を美しくしたいのであれば、洗髪後にリンスを使えばいいのです。リンスにも髪と頭皮に優しい低刺激のものは数多く販売されています。

○AGAにはノンシリコンシャンプーがおすすめ
AGAの人は育毛剤の選別には真剣でも、シャンプーの選別には無頓着という人も多いです。しかし、シャンプーというものは基本的に毎日使用するものであり、きちんと選別しなければ育毛剤以上に頭皮にダメージを与える原因となることもあります。

AGAの予防と改善にはノンシリコンシャンプーがおすすめです。AGAで髪が傷んでいるという人も、頭皮環境を整えることで少しずつハリやコシは戻ってくるでしょう。