敏感肌のAGAは治療難度が高い

○敏感肌とは
敏感肌とは、わずかな刺激であったとしても肌が敏感に反応してしまう人のことです。敏感肌の人は衣装の擦れなどにも敏感に反応し、痒みや痛みを感じてしまうことがあります。そのため、敏感肌の人には敢えてシャツやパンツを裏返しにして履いているという人もいます。服の表地には縫い目がないので、肌に与えるストレスを最小限に抑えることができるからです。

敏感肌は現代医学では病気ではないと定義されており、敏感肌という病名は存在しません。血液検査やアレルギー検査によって敏感肌が判明するということはなく、医師が敏感肌という診断を行うこともありません。しかし、実際に敏感肌に悩まされている人は少なくありません。

体質、生活習慣の乱れ、ストレス、アレルギーなど、敏感肌はさまざまな原因によって引き起こされます。敏感肌には環境的要因も深く関わっているので、敏感肌の予防と改善のためにはできる限り環境的要因を排除することが大切です。

○AGAと敏感肌
敏感肌の人が発症したAGAは治療難度が高いです。というのも、敏感肌ではあらゆる刺激に対して敏感になっているという状態であり、育毛に効果的とされている育毛剤やシャンプーの使用によって更に頭皮環境が悪化し、AGAが悪化してしまうということもあるからです。もちろん、敏感肌でなくても育毛剤やシャンプーの選別は慎重に行わなければなりませんが、敏感肌の人はより注意深くなる必要があると言えるでしょう。

例えば、育毛剤やシャンプーを購入した後、肌に合わないと感じたならばすぐに使用を中断することが大切です。せっかく購入したものであり、もったいないので最後まで使い切ってしまおうという人もいます。特に、日本人にはものを大切にするという考えを持っている人が多いです。しかし、こうした考えに捉われていると自分に合った育毛剤とシャンプーに巡り合うまで頭皮にダメージを与え続けることになります。その方が遥かにデメリットが大きいので、時には捨てる勇気も必要です。

敏感肌に対して、育毛剤やシャンプーはデメリットばかりというわけではありません。育毛効果をうたった育毛剤やシャンプーならばAGAの予防と改善に効果的であり、こうした育毛剤やシャンプーの多くは頭皮環境を正常化させる効果もあります。敏感肌というのは肌トラブルの一種であり、頭皮環境を正常化することで敏感肌が解消されるということもあります。育毛剤やシャンプーを怖がることはないので、色々と試してみるといいでしょう。最近は肌に優しい無添加低刺激の商品も数多く販売されています。