指圧で血やリンパの流れを促し、AGAを改善しよう

○指圧
人間の体は絶えず血やリンパ液などの体液が巡っています。この体液の通り道となるのが経絡(けいらく)であり、経絡の体液の出入口、分岐点、合流点などのことを総称して経穴(けいけつ)といいます。経穴はいわゆるツボと呼ばれるものであり、ツボに対して外から指で圧力をかけることによって体液の循環を促すことが可能です。

ツボを押して痛みを感じるということはすなわち、その部位の体液の循環が滞っているという証拠でもあります。そのため、現在は問題が起きていなくても、将来的には問題が起きる可能性が高いと言えるでしょう。

指圧は民間療法の一種です。治療のことを『手当て』と表現することがあるように、手を使った治療というものは古くから行われてきました。指圧は医療の原点とも言える治療法であり、現代においても病気や怪我の治療に広く活用されています。

○AGAと指圧
AGAにも指圧が効果的とされています。AGAは悪玉男性ホルモンの異常分泌が原因となって引き起こされるものですが、AGAには血行不良も大きく関わっています。頭皮の血の巡りをよくすることで、AGAの予防と改善に繋げることが可能です。

○AGAに効果的なツボ
百会(ひゃくえ)は頭頂部、両耳を結ぶ縁と眉間から伸びた線の交差点にあるツボです。百会は頭皮の血行を司るツボであり、百会を指圧することによって頭皮全体の血の巡りをよくすることができます。百会を指圧する際は両手の中指を重ね、肘を横に開きながら押し込んでいきます。この時、頭を後ろに逸らすと更に効果的です。

あ門(あもん)はうなじの中心、髪の生え際から指2本分ほど上にあるツボです。あ門には頭皮と首の血行促進効果があり、AGAだけでなく、首こりや肩こりにも効果を発揮します。なお、あ門の周囲には万能ツボとして知られる天柱(てんちゅう)、血行促進や頭痛緩和に効果がある風池(ふうち)というツボがあります。天柱の位置はうなじの生え際の窪みの外側、風池の位置は天柱から指1本分ほど外側です。あ門に親指を添え、親指を左右にずらす感じで刺激すると同時に天柱と風池も刺激することができるので、相乗効果が得られます。

その他、AGAに効果的とされているツボはたくさんあるので、興味がある人は調べてみるといいでしょう。

○指圧の注意点
指圧の力加減は気持ちよさを感じるくらいが適当です。マッサージで負荷を強くし過ぎたり、時間を長くし過ぎたりすると、頭皮の負担になるので注意しましょう。