AGAの原因とは

AGAとは

AGAは薄毛の一種であり、男性型脱毛症と言われるものです。AGAは男性ホルモンによって引き起こされることが分かっています。

男性ホルモンであるテストステロンは筋力を強くしたり、体毛を濃くしたり、積極性を高めたり、男性らしい肉体と精神を形成するために重要となるものです。そして、テストステロンは5αリダクターゼという酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンに変化します。ジヒドロテストステロンは男性器の形成などの働きを持っており、5αリダクターゼが生まれつき少ない子供は性機能に障害が発生する可能性が高くなるとされています。

ジヒドロテストステロンがAGAを引き起こす

ジヒドロテストステロンは体にとって欠かせないものですが、女性ホルモンを減らしたり、ヘアサイクルを乱したり、前立腺肥大を引き起こしたりするものでもあります。AGAの原因となるのもこのジヒドロテストステロンであり、世の中の男性にはジヒドロテストステロンにネガティブな印象を抱いている人が多く、ジヒドロテストステロンは悪玉男性ホルモンとも呼ばれています。

ジヒドロテストステロンはテストステロンと5αリダクターゼと結びつかなければ発生しません。人体の内、頭部は5αリダクターゼが多いので、ジヒドロテストステロンが生じやすく、抜け毛が起きやすい部位となっているのです。

しばしば、体毛が濃い人は男性ホルモンが豊富であり、抜け毛になりやすいと言われています。しかし、上述した通り、体毛を濃くするのはテストステロンの働きであり、テストステロンは抜け毛を引き起こすものではありません。実際、体毛が濃くても髪が黒々としている人は少なくありません。逆に、体毛が薄くても髪が薄い人は多いです。

誤解されがちですが、AGAの原因となるのはジヒドロテストステロンであり、テストステロンではありません。むしろ、テストステロンは体毛を濃くするものなので、それは髪にとってもいい影響を与えます。テストステロンは生成に必要となる栄養素を積極的に摂ったり、ハードなトレーニングをしたりすることで自発的に増やすことが可能です。男らしい体作りはAGAの予防と改善にも効果を発揮します。

AGAの治療では、いかにしてテストステロンと5αリダクターゼを結びつかないようにするかが重要となります。実際、育毛剤にはテストステロンと5αリダクターゼの結合を抑制することにより、ジヒドロテストステロンの発生を抑制するというものが多いです。

詳細はこちらへ>>AGAクリニックの治療効果ランキング


婚活をする若い人達を手助けする世話焼き人は今も形を変えて活躍しています

世の移り変わりで変化する婚活事情

学校卒業後に花嫁修業をしていた時代は遠く過ぎて、今はバリバリ働く女性が多い時代です。でも、そんな世の移り変わりがあっても、妙齢の若い人達の多くが、心の中では夫・妻となり、子を持つ父・母となる日を夢見ているのかもしれません。昔であれば、世話焼き人がいたり仲人を申し出たりする人も多く、そのつてで交際が始まったり結婚まで進んだりすることも少なくありませんでした。しかし、核家族化が進み、また、一人暮らしの若い女性も多くなった今では、そのようなつてを見つけること自体が難しくなっています。

行政や民間による婚活応援

世話焼きをする人々が絶えたわけではなく、現在の婚活でも形を変えて活躍しているのが現状です。例えば、過疎地域では行政が主導して地元の若い人達のより良い交際・結婚を応援しようと様々な試みを行っているところもあります。また、そのような公的な機関を通してではなく、民間でも様々な婚活応援をする企業が立ち上げられています。いずれにしても、結婚したいと思う若い人達同士の出会いを良い形でセッティングしようとする動きは活発化しているのですね。

思いきって婚活イベント・企画へ参加する

心のどこかで結婚したいけれど出会いの場がないと思うようになったら、行政主導のイベントや民間の婚活応援企業に足を向けてみるのも良いかもしれません。初めて訪れるとなれば、ずいぶんと緊張して身構えてしまう人もいるでしょう。しかし、学生時代のコンパを思い描けば良いのです。イベント等の企画は行政や民間の企業であっても、そこに参加して中心となって活動する主役は若い人達です。結婚を意識して真剣に相手と巡り会いたいと望む若い人達が集まれる場ですから、案ずるより産むが安しで心地よい時間を過ごせるのではないでしょうか。

形は違えど今も昔も婚活の世話焼き人を上手に活用

昔の婚活とはちょっと形は違いますが、今も昔も若い人達のより良い出会いと結婚という帰結を応援する世話焼き人や仲人的役割を果たしたい人達がいるのは確かです。行政が企画するイベントや、婚活の手助けをしている企業にも目を向けてみるのはいかがでしょうか。自分自身の魅力をアピールする良い機会を得られますし、より良い人との出会いを通して人生の新たな幕を開く第一歩を踏み出すチャンスです。

詳細はこちらへ>>結婚相談所を比較『口コミ、料金、費用ランキング最新版』


お金を返せない時は債務整理がお勧めです

取り立てを無視しないようにしましょう

もし金融機関からお金を借りていて、返済できなくなった場合はどうすればいいのでしょうか。このような場合は、もちろん取り立てが来ます。取り立てといっても、その人の電話に1日数回個人名で連絡が入り、もしそれでも返済できない時は、やはり個人名で督促状が送られてくるといったものです。家や会社に取り立てがくるようなことはありません。しかしあまり返済をせずにいると、金融機関から訴訟を起こされ、一括返済をしなければならなくなります。このような時は、まず金融機関に相談して、返済方法を変更してもらいましょう。しかしそれでも返せない場合は、債務整理をお勧めします。

一般的なのは任意整理と自己破産

債務整理にはいくつか方法がありますが、一般的なのは弁護士や司法書士に依頼して行う任意整理、あるいは自己破産です。任意整理は債務を3年から5年ほどの間で、分割で返済して行くものです。自己破産は、収入が少ないなどで返済がしにくい場合に、裁判所に申立てを行って、債務を帳消しにしてもらう方法です。まず受任通知を金融機関に送ってもらい、届いた時点で取り立てが止まります。弁護士と司法書士のどちらに依頼しても、そう大きな違いはありませんが、司法書士の場合は、債務額が140万円以下でないと依頼できませんので気をつけてください。これは、司法書士法によって定められています。

特定調停と信用情報のブラックについて

また弁護士や司法書士に依頼せず、自分で裁判所に申立てをして行う特定調停もあります。この特定調停のメリットは経費が少ないという点です。ただし調停委員会を通して返済額を決めますので、裁判所に出向く必要がありますし、弁護士や司法書士が受任通知を出してくれることもありませんので、調停中でも取り立てが来ます。それから債務整理を行った場合は、信用情報にブラックが一定期間登録されるので、その間の借入れやローンの申込みはできません。登録機関は5年間ですが、自己破産の場合は、銀行の信用情報のみ10年間登録されます。またブラックが消えても、整理対象となった金融機関は審査に通りにくくなります。

まとめ

金融機関でお金を借りていて返済できない時には、取り立てが来るようになります。これを長い間放っておくと、一括返済を命じられることもありますので、早めに債務整理を行うようにしましょう。弁護士に依頼して行う任意整理や自己破産が一般的ですが、特定調停といって、自分で申立てをして行う方法もあります。また整理後はブラックが信用情報に登録されますので、注意しましょう。

詳細はこちらへ>>任意整理をする弁護士、司法書士の費用や口コミ、評判ランキング