AGAの原因とは

○AGAとは
AGAは薄毛の一種であり、男性型脱毛症と言われるものです。AGAは男性ホルモンによって引き起こされることが分かっています。

男性ホルモンであるテストステロンは筋力を強くしたり、体毛を濃くしたり、積極性を高めたり、男性らしい肉体と精神を形成するために重要となるものです。そして、テストステロンは5αリダクターゼという酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンに変化します。ジヒドロテストステロンは男性器の形成などの働きを持っており、5αリダクターゼが生まれつき少ない子供は性機能に障害が発生する可能性が高くなるとされています。

○ジヒドロテストステロンがAGAを引き起こす
ジヒドロテストステロンは体にとって欠かせないものですが、女性ホルモンを減らしたり、ヘアサイクルを乱したり、前立腺肥大を引き起こしたりするものでもあります。AGAの原因となるのもこのジヒドロテストステロンであり、世の中の男性にはジヒドロテストステロンにネガティブな印象を抱いている人が多く、ジヒドロテストステロンは悪玉男性ホルモンとも呼ばれています。

ジヒドロテストステロンはテストステロンと5αリダクターゼと結びつかなければ発生しません。人体の内、頭部は5αリダクターゼが多いので、ジヒドロテストステロンが生じやすく、抜け毛が起きやすい部位となっているのです。

しばしば、体毛が濃い人は男性ホルモンが豊富であり、抜け毛になりやすいと言われています。しかし、上述した通り、体毛を濃くするのはテストステロンの働きであり、テストステロンは抜け毛を引き起こすものではありません。実際、体毛が濃くても髪が黒々としている人は少なくありません。逆に、体毛が薄くても髪が薄い人は多いです。

誤解されがちですが、AGAの原因となるのはジヒドロテストステロンであり、テストステロンではありません。むしろ、テストステロンは体毛を濃くするものなので、それは髪にとってもいい影響を与えます。テストステロンは生成に必要となる栄養素を積極的に摂ったり、ハードなトレーニングをしたりすることで自発的に増やすことが可能です。男らしい体作りはAGAの予防と改善にも効果を発揮します。

AGAの治療では、いかにしてテストステロンと5αリダクターゼを結びつかないようにするかが重要となります。実際、育毛剤にはテストステロンと5αリダクターゼの結合を抑制することにより、ジヒドロテストステロンの発生を抑制するというものが多いです。

詳細はこちらへ>>AGAクリニックの治療効果ランキング